シンプルが好きな人のひとりごと by upa house

少ない物でシンプルに暮らす人のブログ。 物も、思考も、シンプルがモットーです。時々、猫。

【ミニマリストが好きな本】パリの朝食はいつもカフェオレとバケット

今日は私が最近読んだ本を紹介します。

パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス人はなぜ仕事と子育ての両立が上手なのか?

こちらの本は、「おフランスに住んでる私の朝食はいつも美味しいカフェオレとバケットですの、オホホ。」という本ではございません。


日本人の筆者が移住しフランスで子育てをする中で、フランス人はいかにシンプルに子育てをしているかが書いてあります。



日本では、大半のお母さん達が忙しい中で何品ものおかずが入ったお弁当を毎日当たり前のように子供に持たせています。


でも、それってすごいことだと私は思います。(お母さんだけに限らず、お弁当を毎日作っているすべての方に対して、尊敬の気持ちを持っています。)


当たり前の基準が高い日本

フランスではお弁当を毎日持たせる必要がないだけではなく、ピクニックなどでお弁当が必要な時には、バケットにハムやチーズなどを挟む簡単なサンドイッチを持たせることが主流となっています。しかも材料を持って行って子供たちが自分で具を挟んで食べるのだそうです。


f:id:primo24:20180326232821j:plain


おかずが何品も入ったバランスが取れたお弁当を作るのは、日本人が誇るべき繊細さの表れだと思います。
けれどお弁当を簡素なものにしているからといってフランス人のお母さん達が子供に愛情を注げていないのかと言えば、きっとそれは違うはずです。


他にも私が日本とフランスの違いで驚いた点は、学校行事が少なく、入学式や卒業式自体がないため、保護者がその日のためだけににスーツを新調する必要が無かったり、高価なランドセルを購入する必要もフランスではないそうです。

f:id:primo24:20180326233005j:plain


女性の働き方が変わってきた今、それに合う新しいやり方を検討する時が来たのかもしれません。こうでなければいけないという空気が、今よりもう少しだけ柔らかくなることで、みんなで幸せになれるのかな、と思いました。


他にも日本とフランスの違いがいろいろ書いてあり、とても勉強になる1冊です。
ご興味のある方はぜひご一読ください。


パリの朝食はいつもカフェオレとバゲット ―フランス人はなぜ仕事と子育ての両立が上手なのか?




いつもポチっと、ありがとうございます。
読んだよ、の印に押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村