シンプルが好きな人のひとりごと by upa house

少ない物でシンプルに暮らす人のブログ。 物も、思考も、シンプルがモットーです。時々、猫。

クリーニング店でコート預かりサービスを初めて使ってみたというお話&クローゼット一部公開


本日やっとコートをクリーニングへ出してきました!


わたくしupaは、冬にはダウンコートが絶対必要なくらい、日本の中でも寒い地域に住んでいます。


厚手のコートはかさばるので、出来るだけ持ちたくないモノの1つですが、私が住んでいる地域では無いと冬寒くて死んでしまいます( ˙-˙ )


今までのコートの保管方法

我が家には玄関を入ってすぐに、コートをかけるクローゼットがあります。


ココを開けると

このようになっています。

こちらに入っているものは、

  • キャリーバッグ2つ
  • 喪服やスーツ類
  • 消耗品ストック入れ(カゴ)

これに、厚手のコートが3着かかっていました。


(厚手のコート以外のアウターは別の場所にあります。)

無印のカゴはストック入れに


⬆︎あまりストックは持たないようにしていますが、急に無くなったら比較的困るモノ(歯磨き粉やサランラップなど)を入れるようにしています。

※一見綺麗に見えるかもしれませんが、カゴの中身は結構ごちゃごちゃです。今度、家の中のごちゃごちゃ大公開祭り(仮)という記事を書きますので待っていてください。


喪服はココに


喪服って必要な時が極端に少ないのに、必要になった時はすぐに必要なので、その日のためにずっと所有しなければいけないのが嫌です(´-`)←このへんからミニマル変態の香りがしますね...


クリーニング店が預かってくれるまでの流れ

お店へコートを持っていく

お店にもよるとは思うのですが、私が今回行ったお店はコートをクリーニングに出す際にクリーニング代+1点200円9月の末まで、預かってくれる様です。

預けたコートは家まで届けてくれる

そして9月の末に近づいた頃、電話で「いつ届けますかー?」と聞いてくれるのだそう。とても親切です。


クリーニング店に預かってもらうことのメリット

衣類にとって最高の環境で預かってくれる

衣類にとって最高の環境とは、

  • 湿度温度が一定に保たれており
  • 日光が当たらず日焼けしない

という環境です。お家の中でも十分な気もしますが、預けることで少しでも長く、大切に今のコートを着ていけたらいいなぁと思っています。


がらんと空いたクローゼットを見るたびに「ああ!綺麗..」とうっとり出来る

⬆︎これは私だけかもしれませんが、物が少ないと余白ができ、その何もない余白美しさを感じます。

掃除がしやすくなるのも嬉しいですし、そういうのも全部含めて美しく感じるのかもしれません。


生活しているとどうしても部屋全体にホコリが溜まってゆきます。意外とクローゼットの中ってホコリが溜まりやすいんですよね(・・;)

掃除するときにサッと退けれるくらいが、私にとってちょうど良い物の量だと感じます。
(私の場合、物が多いと退けるのがめんどくさくて掃除自体なかなかしなくなってしまいそうです。)


まとめ

クリーニング店にコートを預けるのは初めての経験なので、来年はまだどうするかはわかりません。
お家にたくさんお洋服がある方は、季節によって預けてスペースを確保するのに利用するのも良いかもしれません♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村